箱根駅伝でも大活躍!ナイキの厚底シューズの何がすごい?

レビュー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

お正月の風物詩、箱根駅伝

こんにちは、元陸上部の平田です。

毎年1月2日と3日には箱根駅伝が開催されますが、今年も大いに盛り上がっていますね!
青山学院が優勝に返り咲き、創価大が初のシード権獲得など、多くのドラマがあった大会になりました。

今年は「スピード駅伝」と呼ばれるほどバンバンと区間新記録が出ています。
選手たちのたゆまぬ努力の賜物であるのはもちろんですが、それを支えるランニングシューズの活躍もあると思います。

特にその中でも、ナイキが開発した「ヴェイパーフライト」シリーズ、いわゆる「ナイキの厚底シューズ」が有名です。
今年の箱根駅伝の選手の足元を見てみると、びっくりするくらい多くの方がピンクのシューズを履いています。

最終的に私の元へ入ってきた情報によると、往路105選手中、87人が“ナイキの厚底”を履いていたという。着用率なんと82.8%だから、ザックリ言うと昨年から倍増で、ほとんどすべての選手といっても過言ではない。しかも、見ていた人はお分かりの通り、今年の箱根駅伝は区間新記録が続出だった。そのすべてが、いやもっと言うと区間賞はすべて“ナイキの厚底”が叩きだしたものだった!

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamaguchikazuomi/20200103-00157501/

上記のヤフーニュースにもあるように、なんと82%もの方がナイキの厚底シューズを履いているんですね!
最近はピンク以外にも、オレンジと青の蛍光色の物もあるようですが、確かに選手の足元は蛍光色のキラキラしたシューズが見受けられます。

このシューズが、なぜ長距離界を席巻しているのか、徹底的に調べてみました!

(取寄)ナイキ メンズ ランニングシューズ ZoomX ヴェイパーフライ ネクスト% Nike Men’s ZoomX Vaporfly Next% Pink Blast Black Guava Ice

価格:51,920円
(2020/1/3 13:28時点)
感想(0件)

秘密兵器を内蔵

このシューズの革新性は、極めて高いエネルギーリターン率にあります。秘密はNikeで最も反発力に優れたNike ZoomXフォームに挟まれた、軽量のカーボンファイバー製プレート。これらのプレートとフォームが連動することで足を前に押し出す感覚が生まれ、走りにスピードを加えます。

https://www.nike.com/jp/t/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD-%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0x-%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4-%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%EF%BC%85-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA-Nv2mBJ/AO4568-600

厚底で着地の負担を軽減しつつ、軽量かつ高い反発力を持ち合わせているということで、極めて走りやすいシューズなのではないかと思います。
私が現役の時は、ランニングシューズは薄くて軽いものが好まれていました。底が厚いシューズは安定感こそあれどやはり重いため、運足に余計な体力を使ってしまいます。
底の薄いシューズはその逆ですね。

また優れた反発力は、着地後の一歩を踏み出す際に大きなアドバンテージがあります。
おそらく、走っていると自然に足が前に出るような軽やかさがあるのではないかと思います。

スピードを追求したミッドソール

このシューズが最速であるのには、もう1つ理由があります。それは、かかとからつま先まで配された、Nikeで最も反発力に優れたNike ZoomXフォームの存在。このバージョンではフォームを増量し、さらにエネルギーリターン率を高めています。

https://www.nike.com/jp/t/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD-%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0x-%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4-%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%EF%BC%85-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA-Nv2mBJ/AO4568-600

私はこのシューズを始めて見た時、クジラみたいな形してるなと思いました。
おそらく、走る動きを徹底的に研究して作られた形になっているのだと思います。

公式サイトの動画で語られていましたが、アスリートが優れたパフォーマンスを発揮するためにかなり作りこまれているようです。
エネルギー効率と軽量性に特にこだわっています。

個人的に驚いたのが、耐水性があるということです。
水を吸ってしまうとその分シューズは重くなります。
言われてみればその通りですが、シューズが濡れることでパフォーマンスが落ちることを考えたこともなかったので、とても新鮮でした。

まとめ

ナイキの厚底シューズについて調べてみましたが、エネルギー効率を徹底的にこだわったということが感じられました。
Nike ZoomXフォームが生み出す反発力と厚みが、陸上界の記録を塗り替えているんですね…

良いランニングシューズを履くことは、良いランニングをすることにつながるのではないでしょうか。
記録を狙う選手にも、新しくランニングを始めてみたいという方にも、ピッタリのシューズだと思いました!
価格は相場より高めな感じがしますが、高いなりの理由があり、なにより実績を持っています。
多くのランナーが憧れる一足、あなたも試してみませんか?

NIKE VAPOREFLY 4% FLYKNIT ナイキ ヴェイパーフライ 4% フライニット

価格:23,580円
(2020/1/3 14:17時点)
感想(1件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました